高校野球

白球を追う高校球児たちの活躍を紹介します。

表示順変更 
2019年
4月23日
(火)

3時1分更新

大分サヨナラ4強 九州高校野球

第144回九州地区高校野球大会第3日は22日、鹿児島市の鴨池公園球場などで準々決勝4試合があった。県勢は出場全3校が臨み、大分が同球場の第2試合で福岡大大濠を11―10で下し、昨秋に続いて4強入りを果・・・

2019年
4月22日
(月)

3時1分更新

明豊大勝8強入り 九州高校野球

第144回九州地区高校野球大会第2日は21日、鹿児島市の平和リース球場などで2回戦の残り5試合があった。県勢の明豊は11―4で鹿児島実を下して初戦を突破。前日(20日)の大分工、大分に続き、県代表3校・・・

2019年
4月18日
(木)

3時0分更新

“夏の大会”は7月7日開幕 県高野連が総会 Gate

県高校野球連盟の総会が17日、大分市の大分東高であった。夏の甲子園につながる全国選手権大分大会の日程(7月7~24日・別大興産スタジアム)などを決めた。加盟校の部長ら約60人が出席。木戸孝明会長(竹田・・・

2019年
4月12日
(金)

3時0分更新

九州高校野球組み合わせ決まる Gate

高校野球の第144回九州地区大会(20~25日・平和リース球場ほか)の組み合わせ抽選会が11日、開催地の鹿児島市内であった。県勢はセンバツに臨んだ明豊(6季連続21回目)と大分(2季連続13回目)が推・・・

2019年
4月5日
(金)

3時0分更新

夏シードを狙い 6日、熱戦火ぶた 県高校野球支部予選 Gate

第135回県高校野球選手権(大分合同新聞社後援)の支部予選が6日、大分、別杵、県南豊肥、県北・久大の各支部で始まる。夏のシード権を懸けた最後の公式戦で、今春のセンバツに出場した明豊と大分、春の九州地区・・・

2019年
4月4日
(木)

3時1分更新

「4強 応援のおかげ」 明豊帰県

第91回選抜高校野球大会に出場し、県勢として43年ぶりの4強入りをした明豊高校野球部が3日帰県し、同校で報告会をした。教職員や生徒、保護者ら約150人が集まり、活躍したナインらを拍手で出迎えた。表悠斗・・・

3時0分更新

明豊の強打 好投が光る Gate

序盤戦は大味な試合も目立ったが、勝ち上がるにつれて競り合いの展開が増えた。優勝した東邦(愛知)はエースで3番に座る石川主将の存在感が際立った。全5試合に先発して防御率0点台の安定感に加え、打っても3本・・・

2019年
4月3日
(水)

3時1分更新

夢の続き 夏に期待 初の4強、応援席「頑張った」

【甲子園臨時支局】2日の第91回選抜高校野球大会準決勝で、明豊は習志野(千葉)に逆転負けし、快進撃は“頂上決戦”の目前で終わった。一塁側アルプス席を青く染めた応援団は肩を落としたが、同校史上初の4強を・・・

3時1分更新

明豊 終盤あと一歩 チームけん引、主将先頭弾 準決勝

【甲子園臨時支局】第91回選抜高校野球大会第10日は2日、甲子園球場で準決勝2試合があった。第1試合に明豊が登場し、習志野(千葉)と対戦したが4―6で惜しくも敗れ、同校として初、県勢として1967年の・・・

3時0分更新

監督「踏ん張れなかった」 Gate

「さすがだなと思った。分かっていて落ち着いてやっていた」。明豊の川崎絢平監督は足と小技を絡めながら揺さぶってきた習志野の攻めを、勝敗を分けたポイントに挙げ、「踏ん張り切れなかった」と唇をかんだ。3点リ・・・

3時0分更新

投手陣 夏へ雪辱誓う Gate

「力が入り、ボールが浮いてしまった」。救援のマウンドに立った大畑蓮(3年)は、3点を失った八回の投球を悔やんだ。七回、同点に追いつかれ、さらに1死二塁の場面で登板した。だが「今大会はこういう場面を抑え・・・

3時0分更新

代打・青地 意地の一打 Gate

勝ち越しを許した直後の八回、2死三塁の場面で打席に立った代打の青地七斗(3年)が勝負強さを見せた。「絶対に打ってやろう」。思いのこもった打球は左中間最深部のフェンスを直撃し、意地の1点をチームにもたら・・・

3時0分更新

大分工28季ぶりV 九州高校野球県予選決勝 Gate

第144回九州地区高校野球大会県予選最終日は2日、別大興産スタジアムで決勝があった。大分工が10―9で情報科学を下し28季ぶり3回目の頂点に立ち、九州大会(20日開幕・鹿児島)の出場権を得た。試合後、・・・

3時0分更新

粘る情報科学 一度追い付く 九州高校野球県予選決勝 Gate

情報科学は延長十回に涙をのんだが、試合を通して粘り強さを発揮した。赤嶺司監督は「特に八回。しっかりつないで追いついてくれた」と打線の踏ん張りをたたえた。2点をリードし、試合を優位に進めていた。だが八回・・・

3時0分更新

明豊、決勝ならず センバツ

第91回選抜高校野球大会第10日は2日、甲子園球場で準決勝2試合があった。明豊は習志野(千葉)に4―6で敗れ、同校として初、大分県勢として52年ぶりの決勝進出はならず、夢の大舞台にあと一歩届かなかった・・・

2019年
4月2日
(火)

15時30分更新

明豊、準決勝で習志野に敗れる 選抜高校野球

【甲子園臨時支局】第91回選抜高校野球大会第10日は2日、甲子園球場で準決勝があった。第1試合で県勢の明豊が習志野(千葉)と対戦。4―6で敗れて、県勢として52年ぶりの決勝進出はならなかった。後攻の明・・・

3時0分更新

大分工と情報科学、九州大会懸け激突 きょう高校野球県予選決勝 Gate

第144回九州地区高校野球大会県予選最終日は2日、別大興産スタジアムで決勝がある。大分工と情報科学が九州地区大会(20日開幕・鹿児島)の出場権を懸けて対戦する。第2シードの大分工は4試合を戦い、うち3・・・

3時0分更新

明豊、打ち勝て きょう習志野戦 選抜高校野球大会・準決勝 Gate

【甲子園臨時支局】第91回選抜高校野球大会第10日は2日、甲子園球場で準決勝2試合があり、第1試合で明豊が習志野(千葉)と対戦。県勢として第39回大会(1967年)で津久見が優勝して以来、52年ぶりの・・・

2019年
4月1日
(月)

3時1分更新

明豊サヨナラ、4強 選抜高校野球大会

明豊が準決勝へ―。第91回選抜高校野球大会第9日は31日、甲子園球場で準々決勝があった。県勢の明豊は龍谷大平安(京都)と対戦し、延長十一回サヨナラ勝ちで同校として春夏通じて初、県勢として第48回大会(・・・

3時1分更新

明豊、春の快進撃 選抜高校野球大会

【甲子園臨時支局】31日の第91回選抜高校野球大会準々決勝で、明豊は龍谷大平安(京都)を破り、春夏通じて同校初の4強入りした。一塁側アルプス席を青く染めた応援団は一球一打に息をのみ、祈りを込めた全力の・・・

3時0分更新

2日、決勝 九州高校野球県予選【第8日】 Gate

第144回九州地区高校野球選手権大会県予選第8日は31日、別大興産スタジアムで準決勝2試合があり、大分工と情報科学が決勝に進出した。第1試合は中盤以降に得点を挙げた大分工が舞鶴との接戦を制した。第2試・・・

3時0分更新

明豊 春の快進撃 Gate

【甲子園臨時支局】31日の第91回選抜高校野球大会準々決勝で、明豊は龍谷大平安(京都)を破り、春夏通じて同校初の4強入りした。一塁側アルプス席を青く染めた応援団は一球一打に息をのみ、祈りを込めた全力の・・・

3時0分更新

明豊、投手戦を制す 第91回選抜高校野球大会【第9日】 Gate

【甲子園臨時支局】第91回選抜高校野球大会第9日は31日、甲子園球場で準々決勝4試合があった。第2試合に明豊が登場し、龍谷大平安(京都)と対戦。互いに無得点のまま延長戦にもつれたが、明豊が延長十一回、・・・

2019年
3月31日
(日)

3時1分更新

大分 粘り届かず 攻守にミス 「夏に借り返す」

【甲子園臨時支局】第91回選抜高校野球大会第8日は30日、甲子園球場で2回戦の残り3試合があった。第2試合で大分が地元兵庫の明石商と対戦。4―13で敗れ、8強入りはならなかった。大分は一回1死三塁、3・・・

3時0分更新

大分「必ず戻ってくる」 センバツ 選手に温かな拍手 Gate

【甲子園臨時支局】「必ず戻ってくるぞ」―。30日の第91回選抜高校野球大会2回戦で、大分は明石商(兵庫)に4―13で敗れた。苦しい展開の中、三塁側アルプス席は逆転を信じて大きな声援を送り続けた。試合終・・・

3時0分更新

後輩の晴れ舞台、先輩が整備 Gate

大分ナインが立つ甲子園にはグラウンド整備員として大会を支える同校野球部OBの野崎颯(はやて)さん(20)=兵庫県西宮市=の姿があった。とんぼで表面をならしたり、白線を引いたりして後輩の晴れ舞台を整えた・・・

3時0分更新

大分工など 4強決まる 九州高校野球県予選 Gate

第144回九州地区高校野球大会県予選第7日は30日、別大興産スタジアムと臼杵市民球場で準々決勝4試合があり、4強が出そろった。別大興産スタジアムの第1試合は中盤以降に得点を重ねた舞鶴が、粘る鶴城を振り・・・

3時0分更新

総力戦で4強へ 明豊 Gate

▽第2試合(11時)明豊―龍谷大平安(京都)明豊は4強入りを懸けて昨秋の近畿地区大会王者の龍谷大平安と戦う。龍谷大平安は初戦で津田学園(三重)を延長11回の末に下して勢いづき、2回戦では盛岡大付(岩手・・・

3時0分更新

小手川、飯塚 意地の適時打 Gate

悔しい敗戦となった大分だが、一回に小手川巧(2年)が、八回に飯塚和茂(同)が適時打を放ち、意地を見せた。一回1死三塁、小手川は高めに来た変化球をとらえた。「バットの先だった」が左翼線に運び、同点に追い・・・

3時0分更新

4投手、課題克服へ決意 Gate

明石商戦で大分は4投手全てをマウンドに送った。最高の結果とはならなかったが、夏に向け、それぞれの課題が浮き彫りになった。「少しでも甘く入ればもっていかれた」。先発した武藤俊介(2年)は相手の強打に脱帽・・・

OPENCLOSE

イマコレ

ページ上部へ戻る