Gateアプリ入れてる? 大分合同新聞のスマホアプリ 詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

LINEで悩み相談を 全国初、10代向け新窓口

 県弁護士会は、無料通信アプリのLINE(ライン)で未成年者から相談を受け付ける新たな取り組みを今月から始める。若者に普及しているコミュニケーションツールを使うことで、10代が利用しやすい窓口とする。担当する弁護士は「悩みごとを気軽に相談してほしい」と呼び掛けている。

 県弁護士会によると、弁護士会がLINEで相談業務をするのは全国で初めてという。
 対応は月に2回(第2、第4水曜日)。複数の弁護士が担当し、相談者とメッセージのやりとりをする。友人間のいじめや嫌がらせ、親や教師による体罰、虐待など、法律問題にかかわらず幅広く受け付ける。25日から正式にスタートする。
 アカウント名は「ふくろん先生のなやみ相談」。同会法律相談センターの公式キャラクター「ふくろん」にちなんだ。
 同会はこれまでも未成年者を対象にした無料電話相談をしている。近年、電話よりもインターネットの会員制交流サイト(SNS)を使う若者が増えていることから活用を検討していた。実施に先立ち、既に実績のあるNPO法人やLINEの運営会社から専門家を招くなど研修を重ねた。
 児童、生徒らに広く知ってもらうため、利用できる日時やIDを記したカードを約10万枚用意。県内の小、中、高校を通じ、夏休み前までに小学4年生以上の全員に配る予定。
 プロジェクトチーム座長の古田奈々弁護士(大分市)は「子どもたちの悩みを少しでもすくい上げられる体制を整えたいと考えた。LINEなら敷居は低いと思うので、こんな話をしてもいいのかな、ということでも相談してもらいたい」と話している。

<メモ>
 「LINE ID」は@fcl0219t 友だち登録して利用する。電話相談は097-536-2227(毎週水曜日)。いずれも受け付けは午後4時半~同7時半。未成年者が対象。保護者も可。無料。
※この記事は、7月17日大分合同新聞朝刊23ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る