国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

震災遺構・門脇小を報道陣に公開

津波や火災、爪痕生々しく

 東日本大震災で被災した宮城県石巻市の門脇小の校舎を震災遺構として保存するため、中央部を残して両端部を解体するのを前に9日、市が内部を報道陣に公開した。震災時の火災や津波の爪痕が生々しく残り、震災の脅威を見せつける。

 校舎は全長約107メートルで3階建て。1階の壁には、約1・8メートルの高さに津波が到達した跡が残り、床には土砂やがれきが散乱。窓は割れ、2、3階は大部分が火災によるすすで黒くなっていた。教室に並べられた机やいすは、焼けて骨組みだけが残る。天井は剥がれ、配線などが垂れ下がっていた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 18時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る