新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202049日()

地元を無視67発 夜間の砲撃「生活に支障」

「夜も砲撃音が玄関越しに伝わってきて、落ち着かなかった」。午後8時以降も繰り返された米軍の実弾砲撃訓練に不満を抱く衛藤栄一さん=19日、玖珠町日出生小野原
「夜も砲撃音が玄関越しに伝わってきて、落ち着かなかった」。午後8時以降も繰り返された米軍の実弾砲撃訓練に不満を抱く衛藤栄一さん=19日、玖珠町日出生小野原
  • 「夜も砲撃音が玄関越しに伝わってきて、落ち着かなかった」。午後8時以降も繰り返された米軍の実弾砲撃訓練に不満を抱く衛藤栄一さん=19日、玖珠町日出生小野原

 暗闇に砲撃音がとどろいた。
 在沖縄米軍が陸上自衛隊日出生台(ひじゅうだい)演習場で実弾砲撃訓練を始めて3日目の14日。演習場に近い玖珠町日出生小野原(おのばる)で暮らす畜産農家、衛藤栄一さん(71)は牛舎で作業の手を止めた。
 携帯電話の画面を確認すると、訓練終了時間の午後8時を過ぎていた。「まさか約束を破るとは…」。怒りがこみ上げた。
 その後も1時間近くにわたって重低音が続き、同夜の砲撃は22発に上った。

 演習場周辺は高齢世帯や畜産農家が多い。夜間の砲撃音と振動は「平穏な生活や子牛の繁殖などに支障が出る」と訴えてきた。
 県と由布、玖珠、九重の地元3市町は住民の声に配慮し、2012年10月に九州防衛局と覚書(17年に確認書に格上げ)を締結。従来よりも1時間早い、午後8時以降の砲撃自粛を米軍に求めてきた。
 近隣地域は沖縄からの訓練移転が決まった1997年度以降、約860世帯が国の補助を受けて居間などの防音工事をした。衛藤さんの自宅も対策済みだが、「補助の対象外で工事をしていない玄関などから、音や振動が伝わる。やっぱり落ち着かない」と漏らす。

 ルールに反した夜間砲撃は2015年と17年にも1日ずつあった。複数日に及んだのは今回が初めてだ。米軍は地元や防衛局の要請を無視し続け、14~19日に計5日間、計67発を発射した。
 12年の覚書調印式に立ち会った九重町の坂本和昭前町長(78)は「午後8時までの取り決めは訓練の拡大傾向を押し返すだけでなく、縮小廃止の方向に動かした意味で非常に意味があった。そこに込めた地元の思いを踏みにじった米軍の姿勢は許せない」と憤る。

 米軍は予定日数の8日間を消化した翌20日も、小銃などを使った小火器訓練を強行した。「極めて憂慮すべき事態。信頼を根底から覆す」(広瀬勝貞知事)と抗議の声が相次いだ。
 常軌を逸した行動は、どんな狙いがあるのか。衛藤さんは「地元の言うことは聞かない、自分たちのやりたいようにやるぞというメッセージなのではないか。この先、訓練内容そのものも変質しかねない」と憂えた。

 × × ×

 本年度で14回目となる日出生台演習場での実弾砲撃訓練が終了した。多くの問題を残した訓練を検証する。

※この記事は、2月23日 大分合同新聞 21ページに掲載されています。

最新記事
元気な姿久しぶり 3市再休校「寂しい」 小中高校で始業式
ちぐはぐな新学期 高校再開の兄、小5の弟は休校 
「TAOでクラスター」 竹田で新たに6人が新型コロナウイルス感染
清掃業務委託料を業者に支払わず、宇佐市職員を処分
緊急事態宣言で在宅勤務や臨時休業に 東京都内の大分県関係の出先機関や支店
最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 3時21分集計

大分ニュース