大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

来年も熱い走りを 車いすマラソン外国人選手が帰国の途

 第39回大分国際車いすマラソン大会に出場した外国人選手が18日、宿泊先の大分市内のホテルからそれぞれの国に帰り始めた。「また来年戻ってくるよ」。通訳ボランティアらと抱き合って再会を誓った。
 大きな荷物とともに、選手が次々とチェックアウト。他の選手やボランティアと記念写真を撮り、別れを惜しんだ。
 午前10時半ごろには、メキシコやスペインの選手ら4人が大分空港へ向かうバスに乗り込んだ。
 マラソンT34/53/54男子に初出場したホアキン・ディアス(51)=スペイン=は「ボランティアらのおもてなしが印象的だった。来年もみんなに会いに来るよ」と笑顔。6回目の出場だったホセ・ゲラ(38)=メキシコ=は「満足できる走りができた。大分は毎年、楽しみにしている」と話した。
 大会は18カ国から210人が出走。好天に恵まれ、195人が完走した。マラソンT34/53/54女子はマニュエラ・シャー(34)=スイス=が自身の持つ世界記録を更新し、第35回大会(2015年)以来4度目の優勝。同男子はマルセル・フグ(33)=同=が2年連続8度目の栄冠を手にした。
※この記事は、11月18日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 17時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る