大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

〝冬の使者〟ナベヅル、今年も宇佐市に飛来

 宇佐平野に冬の訪れを告げるナベヅルが、宇佐市新浜の干潟に飛来した。「宇佐自然と親しむ会」の大塚政雄会長(79)によると、市内では2年連続の確認で例年より早いという。
 同会の会員2人が4日夕、餌をついばむ2羽を見つけた。5日午前7時ごろには、近くの水田へと飛び立つ様子を目撃した。
 繁殖地とされるシベリア付近から越冬のため九州などに年末ごろから飛来。2月下旬ごろ、北帰行を始める。
 大塚会長は「今年はなぜ早く来たのかは分からない。例年通り、市内で越冬してほしい」と話した。
※この記事は、11月7日大分合同新聞朝刊23ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 21時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る