新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202042日()

10チームが熱戦、声援も熱く 別府市でラグビー祭

熱戦を繰り広げる子どもたち=7日、別府市の実相寺多目的グラウンド
熱戦を繰り広げる子どもたち=7日、別府市の実相寺多目的グラウンド

 2019ラグビー祭が7日、別府市の実相寺多目的グラウンドであった。小学生から社会人まで10チーム、約300人のラガーマンが熱戦を繰り広げた。
 ラグビーワールドカップ(W杯)に興味を持ってもらい、機運を高めようと市ラグビー協会が主催した。セレモニーでは、西謙二会長が「素晴らしいグラウンドで思い出をつくってほしい」とあいさつ。長野恭紘市長が「W杯を成功させるためにも、精いっぱい戦って楽しんでほしい」と激励した。小学生の部では別府、玖珠少年両ラグビースクールが学年ごとに、三つのカテゴリーに分かれて競った。保護者や観客が熱心な応援で盛り上げた。

※この記事は、7月8日 大分合同新聞 朝刊 11ページに掲載されています。

最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 14時31分集計

大分ニュース