Gate会員登録
2020527日()

靖国神社に「さくら陶板」 小鹿田焼の窯元・坂本工さんが奉納

「祭られている伯父の供養ができた。感謝の気持ちをかみしめている」と話す坂本工さん=東京都千代田区の靖国神社
「祭られている伯父の供養ができた。感謝の気持ちをかみしめている」と話す坂本工さん=東京都千代田区の靖国神社

 【東京支社】小鹿田(おんた)焼の窯元、坂本工(たくみ)さん(55)=日田市源栄(もとえ)町、小鹿田焼協同組合理事長=が今月、制作した「さくら陶板」を東京・九段北の靖国神社に奉納した。桜の花弁をモチーフにした作品。同神社創立150年を記念した「いざないプロジェクト」の一環で、47都道府県の陶工がそれぞれ地元の土を使って焼き上げ、外苑に設置した。現地で12日に式典があり、関係者に披露された。
 小鹿田焼の陶板は、特徴的な技法「はけ目」の文様を施している。直径約65センチのケースに入れられ、外苑東側に整備された散策路の木立の中に設置している。
 坂本さんによると、蹴ろくろを回して作る小鹿田焼の技法では平面の陶板の制作が難しく、手で土を延ばして形を整えるなど試行錯誤。焼成する際、形がゆがんだり割れたりしてしまった数は50を超えたという。家族みんなで取り組み、ようやく5枚の美しい花弁を作り上げた。
 式典に参加した坂本さんは「とにかく完成させなければという一念だった。伯父も神社に祭られている。このような機会をいただき、先祖の供養ができた。感謝の気持ちをかみしめている」と話した。
 「さくら陶板」の制作は人間国宝の井上萬二さん(佐賀県)や原清さん(埼玉県)らも手掛けた。

※この記事は、6月18日 大分合同新聞 14ページに掲載されています。

ニュース
日田市大肥地区で3年ぶり作付け 「喜びかみしめ農地守る」 5月27日 3時1分
甘~いハウススイカ 日田市で初出荷 5月26日 3時0分
「健康や疲労回復に」大山町で梅酒漬け込み始まる 5月26日 3時0分
オリジナル動画配信、自宅で双方向の授業 日田支援学校の高等部 5月26日 3時0分
「発熱外来に使って」大分県建設業協会日田支部が市医師会にプレハブ贈る 5月24日 3時1分
最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 4時51分集計

大分ニュース