大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

盛り上げ準備着々 ラグビーワールドカップ

 10月のラグビーワールドカップ(W杯)大分開催を盛り上げようと、特別デザインの路線バスや観光客用スマートフォンアプリが16日、お目見えした。

(ラッピングバス 来県するチームカラーに)
 予選で来県する6カ国・地域のチームカラーで車体全面をラッピングしたバスが、大分市内で運行を始めた。大会が閉幕する11月までの期間限定。
 デザインは昭和電工ドーム大分(同市)である対戦カードごとに3種類がある。
 初日は右側面をウルグアイ(水色)、左側面をオーストラリア(黄色)に仕上げた2台が登場。選手のプレー写真のほか、対戦日程、「一生に一度が大分に!」の宣伝文句も載っている。それぞれJR大分駅を出発し、市東部、南部地区を走った。
 同市が企画。残り2種類(ニュージーランド―カナダ、ウェールズ―フィジー)も順次加わり、最終的に大分バス、大分交通の計26台がラッピングされる予定。大分空港や福岡行きなどの路線も走るという。事業費は4410万円。
 初日の運転を担当した大分バスの神田博伸さん(42)は「数あるラッピングバスの中でも目立つよう。走行中、他のドライバーの視線を感じます」と話した。


(スマホ用アプリ 試合、観光情報たっぷり)
 県はラグビーW杯や大分の観光、グルメなどの情報を網羅したスマホ用アプリ「O!TA」(おおいた)を公開した。ダウンロードは無料。
 県内で5試合があるW杯の試合日程や出場チームなどの基礎情報を提供。飲食店の営業時間やキャッシュレス対応の可否、温泉の入浴方法やタトゥー対応施設も紹介している。W杯観戦客をはじめ、国内外の旅行者の利便性向上を図る。
 内容は随時、更新する予定。県内イベントや試合会場となる昭和電工ドーム大分(大分市)へのアクセス方法などを追加していく。
 アプリ名は大分の「O」、驚きや感動の「!」、ツーリズムの「T」、アプリの「A」を組み合わせた。 
 県ラグビーW杯2019推進課は「これ一つでW杯も観光も楽しめる。ぜひ活用して大分の魅力を発見してほしい」とPRしている。
※この記事は、4月17日大分合同新聞朝刊21ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 7時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る