大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

児童の誤答に「あー面白かった」担任がSNS無断投稿 宇佐の小学校

 宇佐市教委は15日、市内の小学校で学級担任を務める20代の女性臨時講師が、無断で児童の答案用紙を撮影し、インターネットの会員制交流サイト(SNS)に投稿していたと明らかにした。誤った解答を載せ「あー面白かった」と嘲笑するようなコメントを添えていた。市教委は臨時会見で「教職員として許されない行為。おわびします」と謝罪した。
 市教委などによると、講師は低学年のクラスを担当。今月、自身のインスタグラム(写真共有アプリ)に児童が誤答した国語の宿題プリント2枚を掲載した。児童の名前は写っていない。以前勤めていた市外の小学校でも同様の投稿をしていたとみられ、2014年から計21枚の写真を確認。ネットで誰でも見ることができる設定だった。既に削除している。
 児童の保護者が気付き、11日に学校に連絡して発覚。学校や市教委の聞き取りに対し「解答が素直でかわいらしいと思い投稿した。名前を載せていないので大丈夫だと思った。反省している」と釈明したという。
 市教委は県教委と協議し、処分を検討する。後日、保護者会を開いて説明する方針。市内各校の教職員を対象としたSNSの取り扱いに関する研修会を今後実施する。
 竹内新教育長は「教育公務員として児童や生徒の個人情報を預かっている。不用意にネットに掲載すること自体、全く不適切」と述べた。
 保護者の一人は取材に対し「子どもが一生懸命に考えた答えを面白おかしく投稿した。教員以前に人として失格」と批判した。
※この記事は、3月16日大分合同新聞朝刊25ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 9時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る