大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

視覚記号 県が作成 食物アレルギー源 一目で分かる

 国内外から観光客が訪れる今秋のラグビーワールドカップ(W杯)大分開催に向け、県は食物アレルギーによる事故を防ぐためのピクトグラム(視覚記号)を作った。アレルギー源になりやすい卵、乳、小麦など計44の食材が一目で分かるデザイン。県内の旅館・ホテルや飲食店に配布し、客が安心してメニューを選べるよう役立ててもらう。
 ピクトグラムは言語が通じなくても、絵を見て指さすなどして店のスタッフとコミュニケーションを取ることができる。宗教の戒律で食べられない食材がある人にも有効で、メニュー表示に盛り込む動きが都市部の飲食店などで広がりつつある。
 来年の東京五輪・パラリンピックも見据え、県は大分市の鶴崎工業高生にデザインを依頼。4パターンの候補の中から県国際交流員の意見を踏まえ、一つに絞り込んだ。「見やすく、店側も使いやすい色合いにした」という。
 客が注文する際、食べられない食材にチェックして提示する「アレルギーコミュニケーションシート」などを盛り込んだ冊子(A4判8ページ)を2千部作製。シートには英語、中国語、韓国語を併記した。
 加工品で表示が義務づけられている特定原材料の7品目は、メニューに貼って活用できるようシールも千枚作った。いずれも保健所を通じて配布を進めている。
 「少しでも多くの飲食店や旅館・ホテルに利用してもらいたい」と県食品・生活衛生課。調理時には意図せずに微量のアレルギー物質が混入するリスクがあり、接客係と調理場の不十分な情報伝達で事故を招く恐れもあるため「慎重に対応してほしい」と呼び掛けている。
 県は食品衛生管理の国際基準「HACCP(ハサップ)」の普及も進めている。食品を扱う事業者への導入を後押しするため、衛生管理のポイントをまとめたマニュアルを既に作製。新年度にはセミナー開催も計画している。
※この記事は、3月13日大分合同新聞朝刊27ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 12時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る