大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

【カメルーン通信】心配尽きぬ「トイレ事情」 清掃されてない場合も

 移動時や村を巡回する際、私の心配事は「トイレ」です。今回はカメルーンのトイレ事情を紹介します。ただ、カメルーンで生活していて思うのは、カメルーン人は水をあまり飲まないし、トイレにも基本的には行かない場合が非常に多いということです。
 まず心配なのが、そもそもトイレがない場合です。長距離移動のバスでも備え付けのトイレはありません。トイレ休憩はありますが、日本のようなサービスエリアや公衆トイレはありません。道路のそばにバスが停車し、茂みがない場合はトイレを断念するしかありません。
 しかし、カメルーン人は男女ともに気にせず、茂みがなくてお尻が見える状況でも用事を済ませる場合があります。
 無事にトイレを見つけても、心配は尽きません。ドアを開けてみると、清掃がされていないため汚物が散乱している場合があります。学校の場合、日本では児童・生徒が掃除の時間にきれいにしますが、カメルーンの学校ではあまり見られません。また、有料のトイレもありますが、状態はピンからキリまでさまざまです。
 ちなみに、私が住む町の市場には公共トイレがあり、掃除がされています。使用する際はお金を払ってトイレットペーパーをもらいます。
 (元青年海外協力隊カメルーン派遣・山田悦子) =随時掲載=

※この記事は、12月14日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 5時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る