Gateアプリ大分合同新聞のスマートフォン専用アプリ誕生!詳細はこちら

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

カメラ手に ぶらり城下町 「竹田の魅力 再発見を」

 竹田市の「たけたOSANPHOTOクラブ」(伊藤大海代表)は、22日に市中心部で開く「城下町竹田でお散歩写真教室」の参加者を募集している。講師は写真家の鹿野貴司さん(43)=東京都。カメラを持たない人に対する機材の貸し出しもある。

 「中心市街地の空洞化問題対策に」と企画。伊藤代表(41)は「写真を通してまちの魅力を再発見して、また訪れたいきっかけづくりができるのでは」と期待している。
 鹿野さんは母親が九重町出身。地方や自然をテーマに活動し、山梨県早川町の住民を撮影した「日本一小さな町の写真館」が代表作。竹田市の城下町にも関心を持つ。
 当日は、午前10時までにまちづくり会社「まちづくりたけた」(市内竹田町)に集合。鹿野さんがスナップ写真の撮影方法を講習。その後は歴史散策を兼ねてカメラを片手に城下町を散策。途中、「アートスペース&カフェ大蔵清水湯」で昼食休憩。撮影後には互いの作品について意見を交わす。
 参加費5千円(市内在住者は4千円。いずれも昼食、茶菓子、保険料込み)。定員は先着15人。高校生は保護者の同意、中学生以下は同伴が必要。
 申し込みは専用サイト(http://tokyo-03.jp/taketa)から。問い合わせはまちづくりたけた(TEL0974・64・0175)へ。
※この記事は、7月2日大分合同新聞朝刊15ページに掲載されています。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る