スポーツニュース
全国と世界のスーパープレーをお届け

高飛び込み、玉井が最年少優勝

13歳、日本選手権で

 飛び込みの日本選手権最終日は23日、金沢市の金沢プールで行われ、男子高飛び込みは、11日に13歳になったばかりの玉井陸斗(JSS宝塚)が498・50点で初優勝した。日本水連によると、1994年に13歳11カ月で同種目を制した寺内健(ミキハウス)を抜いて大会史上最年少優勝となった。

 兵庫・高司中1年の玉井は、4月の日本室内選手権を最年少で制したが、国際水連の規定で五輪や世界選手権などは「競技会開催年の12月31日に14歳未満の選手は出場できない」とあるため、7月の世界選手権には出場できなかった。東京五輪は年齢の規定をクリアできる。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る