国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

イージス秋田現行案見直し

地元反発で、配備遅れも

 政府は地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」について、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場への配備計画を見直す方向で検討に入った。政府関係者が10日、明らかにした。住宅密集地に近いことへの批判や、事前調査でミスを重ねた防衛省への地元の反発が根強く、理解を得るのが難しいとの判断に傾いた。菅義偉官房長官も住宅地との距離を考慮するよう既に防衛省に指示。政府が早ければ2025年としている地上イージスの配備時期が、ずれ込む可能性が出てきた。

 新たな配備先については、新屋演習場を選定した過程で浮上した、秋田県内を含む別の19カ所を中心に検討するとみられる。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 1時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る