国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

氷見で寒ブリの旬入りを宣言

富山湾、204匹水揚げ

 富山県氷見市の氷見漁港で20日、地元漁協や仲買人などでつくる判定委員会が寒ブリシーズンの到来を告げる「ひみ寒ぶり宣言」を出した。昨年より11日早く、この日はブリ204匹が水揚げされ、13キロほどの大物も。次々と競り落とされた。

 判定委が、富山湾で取れたブリの漁獲量や大きさなどから旬に入ったと判断。6キロ以上には「ひみ寒ぶり」の証明書を添えて全国に出荷される。

 水揚げは例年1月下旬から2月ごろまで続く。漁協関係者は「初日は大ぶりなものが比較的多かった。大漁に期待したい」と話した。昨シーズンは1万4千匹余りが水揚げされた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 15時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る