国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

毒物汚染確認されず、長野市

青酸ソーダ流出疑いの工場周辺

 長野市は20日、台風19号による浸水で、毒物のシアン化ナトリウム(青酸ソーダ)が流出した疑いのある同市穂保のメッキ工場周辺を調べた結果、川や水路から毒物は検出されず、土壌の含有量も土壌汚染対策法の基準値以下で、汚染は確認されなかったと発表した。

 市の担当者は「敷地外に漏れたとしても大量の水で希釈され、流された可能性が高い。高濃度で残留しているとは考えられず、健康リスクは低い」としている。

 市によると、千曲川の堤防決壊で工場は約2メートル浸水。メッキ処理に使う青酸ソーダが水槽からあふれたとみられる。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 17時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る