国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

「カチンの森」事件、進む解明

ソ連のポーランド侵攻80年

 【モスクワ共同】第2次大戦初期の1939年に旧ソ連軍がポーランドに侵攻してから17日で80年。侵攻後にソ連当局がポーランド人将校ら約2万2千人の捕虜を大量虐殺した「カチンの森」事件の解明も進み、ロシアの人権団体「メモリアル」は17日に合わせ、3巻で計2千ページ超に及ぶ調査報告書を発刊した。

 カチンの森事件は1940年春にソ連の秘密警察、内務人民委員部が行ったポーランド人捕虜の虐殺の総称。遺体はロシア西部のカチンやメドノエ、ウクライナ北部ハリコフなどに埋葬された。

 メモリアルは2015年にカチンの森に埋葬された犠牲者の経歴などをまとめた報告書第1弾を発刊。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 14時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る