ビヨンセ『HOMECOMING:The Live Album』 黒人女性の素晴らしさと誇りを示した伝説のライヴ

 もう一人のスーパー・ヒロインと言えばこの人。辛苦をなめてきた黒人女性の歴史をアルバム『レモネード』で語った彼女が、黒人であり、女性であることの素晴らしさと誇りを初の黒人女性ヘッド・ライナーとして出場した2018年のコーチェラ・フェスティバルで示したライヴの記録です。タイトルの「HOMECOMING」は大学の同窓会の意味、ビヨンセはこのライヴをHBCU=黒人大学のおかげで社会進出できた黒人たちの同窓会と見立て、全編を黒人のカルチャーで制作しています。ステージに上がったダンサー、オーケストラ、ドラム・ラインは、総勢200人の黒人。デジタルでなく生のドラム・ラインとブラス・サウンドのバッキングで彼女のヴォーカルが力強く響きます。「クレイジー・イン・ラヴ」そしてジェイ・Zとの「デジャビュ」、「ルーズ・マイ・ブレス」はデスチャとして熱唱します。公民権運動を支持した黒人指導者、思想家、詩人たちの言葉も紹介したこのライヴにミシェル・オバマも絶賛の言葉をおくりました。

(ソニーミュージック・配信)=北澤孝

2019年6月12日

音楽玉手箱

聴く価値アリ!の1枚を、各ライターが紹介します。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 9時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る