新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202049日()

オレオレ詐欺が連続発生/高齢者の死亡事故が多発【暮らし安全おおいた】

<犯罪>
 県内で18、19日、孫や知人になりすましてお金を要求するオレオレ詐欺の被害が2件発生しました。
 いずれも「株に失敗し、税務署に捕まった」「現金が必要。代わりの者が取りに行く」などと電話で要求する手口でした。被害者がお金を準備すると、犯人は直接、受け取りに来ています。
 手口を知っていても、いざ自分に電話がかかると慌ててしまいます。被害に遭わないためには常に危機意識を持つことが大切です。
 対策として、相手方に会話の録音を警告する迷惑電話防止機能が付いた電話機もお薦めです。
 お金絡みの電話があったらすぐに詐欺を疑い、警察に通報してください。(県警生活安全企画課)

<交通事故>
 佐伯市で18日、竹田市で22日に交通死亡事故が発生し、計2人が亡くなりました。今年の死者数は24日時点で10人(前年同期比8人増)に上り、7人は65歳以上でした。
 高齢者のうち3人は道路を横断中、車にはねられました。ドライバーは交差点や横断歩道付近を通る際、歩行者がいないか安全確認を徹底してください。
 歩行者も道路を渡るときは、左右をよく見ましょう。特に道路の中央付近では、左から来る車を見落とさないように注意してください。
(県警交通企画課)

※この記事は、2月26日 大分合同新聞 11ページに掲載されています。

最新記事
元気な姿久しぶり 3市再休校「寂しい」 小中高校で始業式
ちぐはぐな新学期 高校再開の兄、小5の弟は休校 
「TAOでクラスター」 竹田で新たに6人が新型コロナウイルス感染
大分県、福岡など7都府県への移動自粛要請
清掃業務委託料を業者に支払わず、宇佐市職員を処分
最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 4時1分集計

大分ニュース