新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202049日()

佐伯市観光協が「カープ聖地マップ」第2弾 八木孝さんを紹介

「マップを手に聖地巡りを」と話す市観光協会の軸丸綾香さん=佐伯市役所
「マップを手に聖地巡りを」と話す市観光協会の軸丸綾香さん=佐伯市役所
  • 八木孝さんの通った神社や市内のゆかりの地を載せたマップ

 佐伯市観光協会は、プロ野球広島カープとゆかりのある市内スポットをまとめた聖地マップの第2弾「聖地マップ・プラス」を作った。A3判カラーで2万部作製。県内外のファンに配るなど、観光誘致に生かす。
 第2弾はカープで投手などを務めた佐伯市在住の八木孝さん(79)を紹介。母校の佐伯鶴城高をはじめ、足腰を鍛えるために通った坂道や石段のある神社などを掲載している。
 昨年発行した第1弾に続き、同校OBでカープの阿南準郎さん(82)=11代監督、野村謙二郎さん(53)=17代監督、広瀬純コーチ(40)の顔写真とメッセージも載せている。
 マップに合わせ、カープと佐伯がコラボした観光キャンペーンを開催。市内で買い物や食事、宿泊をしたレシートか観光施設の入場半券を市観光案内所で提示するとオリジナルステッカーをもらえる。マップに付いている応募サイトでアンケートに答え、送信完了画面を市観光案内所で見せると、大勝バンダナ、2回目は「大大勝バンダナ」を入手できる。
 市観光協会の軸丸綾香さん(32)は「マップを参考に佐伯を巡り、春は赤いマグロ、秋は赤い伊勢エビを食べてカープを応援しましょう」。マップは市観光案内所や城下町観光交流館、佐伯市役所に置いている。大分市内の駅や広島県内の道の駅にも設置する予定。
 問い合わせは佐伯市観光案内所(☎0972-23-3400)。 

※この記事は、2月17日 大分合同新聞 11ページに掲載されています。

最新記事
有機農業や食育を推進 佐伯市が「オーガニック憲章」策定
佐伯市弥生にナベヅル1羽飛来 絶滅危惧種、仲間からはぐれた?
「花珠」真珠で最高賞 佐伯市のオーハタパール、大分県内15年ぶり
佐伯市内全4125柱の新たな戦没者名簿、「平和の塔」に収める
小中学生発案の津波避難所 佐伯市戸穴の高台に完成
最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 4時1分集計

大分ニュース