大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

別大マラソン、海外招待選手がコースを下見

 第69回別府大分毎日マラソン大会(2月2日)に出場する海外招待選手5人が30日、コースを下見した。
 大会は大分市の高崎山・うみたまご前をスタートし、市営陸上競技場をフィニッシュする42・195キロのコースで争う。この日は大分陸上競技協会の田崎弘宣副理事長、丸尾直彦審判員が案内。一行はうみたまご前のスタート地点や更衣室を確認した後、バスでコースを巡回した。給水所や折り返し地点の説明を受け、同競技場ではフィニッシュ地点を入念にチェックしていた。
 昨年大会2位のアブデラ・ゴダナ(エチオピア)は「コースは熟知している。今年こそ優勝する」ときっぱり。日本での初レースとなるジョン・コリル(ケニア)は「(コースは)景観も美しく走りやすい。自己ベスト更新と優勝を目指したい」と闘志をみなぎらせた。
※この記事は、1月31日大分合同新聞朝刊18ページに掲載されています。

ニュース

> 2020年1月31日(金)の大分県内ニュース一覧を見る

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 21時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る