大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

津久見市出身の春臣さん作家デビュー 小中学校などに著書を寄贈

 津久見市上青江出身の春臣あかりさん(33)=本名・山中歩(あゆみ)、仙台市若林区=がライトノベル「前略、顔のない騎士と恋を始めます。」(ビーズログ文庫、税別660円)を初出版し、作家デビューした。
 作品は2018年に都内の出版社が開催した「第1回ビーズログ小説大賞」のファンタジー部門で入選。522点の応募の中で優秀賞に次ぐ評価を受け、19年10月に出版に至った。
 中世ヨーロッパを想定した物語で、心身に傷を負う騎士と仮面造形師を目指す女性との恋模様を描いている。
 春臣さんは津久見市に生まれ育ち、高校時代から小説を書いていた。津久見商工会議所に就職後、17年に夫の転勤で仙台市に転出。離職したことをきっかけに作品を出版社に応募するようになった。ペンネームは誕生月の4月にちなんで付けた。
 「たくさんの本を読み、小説を書くようになった。津久見の児童、生徒に読書を一層楽しんでほしい」と22日、市内の小中学校と津久見高、市民図書館にデビュー作を寄贈した。
 各書店で注文できるほか、市内に書店がない津久見でも四浦の「里の駅つくみマルシェ」で2月1日から販売する。
 津久見時代はまちづくり団体に所属し、地域の活性化に中心的に取り組んでいた春臣さん。「どこで暮らしても古里への思いは募る。津久見での体験や地域づくりをテーマにした作品に挑戦したい」と意欲を高めた。
※この記事は、1月28日大分合同新聞朝刊14ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 13時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る