大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

高崎山総選挙、シャーロット圧勝 イケメン部門はアール

 大分市の高崎山自然動物園は25日、一押しのサルを決める選抜総選挙の開票結果を発表した。人気ザル(雌)部門はシャーロット(C群)が2年連続4回目の頂点に立ち、イケメン(雄)部門は唯一の子ザルで初参戦のアール(B群)が制した。今回は候補のサルを初めて公募し、候補計20匹のうち8匹が初出馬。高齢ザルの健闘も目立った。同園は「新しいスターの誕生につながれば」と期待した。
 人気ザル部門は4歳のシャーロットが圧倒的な得票数で他を突き放した。英王女にちなんだ名前で知名度は抜群。同園案内係の下村忠俊さん(46)は「選挙ポスターに赤ちゃん時代の写真が使われたのも追い風になった」。2位は両手に障害がありながら息子3匹を育てたサヤカ(B群)。前回は「ピーの子」として出馬したキュー(同)が2年連続で3位に入った。
 イケメン部門はりりしいサルがしのぎを削る中、昨年5月に誕生したアールが「愛らしさ」を武器にトップに立った。その他の上位は接戦となり、いじめられているサルを守るなど優しい姿を見せていたマクレーン(同)が2位。同園最高齢となる34歳のバロン(同)が3位、前回トップのゴロー(同)は4位だった。
 立候補するサルは従来、園職員の推薦で決めてきた。今回は「新たな視点を取り入れよう」と公募。高齢ザルも目立ち、職員は「顔触れががらりと変わって予想が難しかった」と言う。
 人気ザル部門で4位に入った推定29歳のヒトエ(同)も「意外なチョイス」と同園。「控え目な性格だがガイドの目に留まりやすい場所におり、紹介される機会が多かったのかも」と分析した。
 同園で結果発表式があり、選挙管理委員長の安達浩・高崎山管理公社事務局長(50)が各部門1~3位のサルの推薦者に表彰状を手渡した。アールとキューを推薦した大分市坂ノ市南の保育士高橋翠(みどり)さん(22)は「お気に入りのサルを多くの人に見てもらい、とてもうれしい」と話した。
 総選挙は2013年から毎年実施。各部門に10匹ずつ出馬し、昨年12月21日から1カ月間、園内やホームページで投票を受け付けた。有効投票数は計3762票(前年比1275票増)だった。
※この記事は、1月25日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 18時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る