大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

「兵法二天一流」正統第12代宗家の吉用清さん死去

 江戸時代初期の剣豪、宮本武蔵を流祖とする「兵法二天一流」の正統第12代宗家、吉用清さん(71)=宇佐市葛原=が亡くなった。2007年に宗家を次いで以来、肥後熊本の地で受け継がれてきた正統の形を守ってきた。
 吉用さんは同市出身。父親の五所元治さんに高校時代から本格的に手ほどきを受けた。大学卒業後、県外で就職し、30代前半で帰郷。市内の会社に勤めながら鍛錬を重ね、1998年に同流免許皆伝した。
 妻美智子さん(66)によると、五輪書の他、本屋に通って宮本武蔵関連の書物を買い、熱心に研究していたという。指導の合間に勉強や技術の研さんに努めた。県内の他、海外からも修行に訪れる人がいた。70歳で退職。剣一筋となって県外に指導に行くのを楽しみにしていた矢先、がんが見つかった。13代は未定。
 吉用さんは今月4日午前9時9分、別府市内の病院で病気のため死去。葬儀は家族葬で済ませた。告別式は19日午後1時から、宇佐市石田の秀平葬儀宇佐斎場で。喪主は妻美智子(みちこ)さん。
※この記事は、1月17日大分合同新聞朝刊15ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 18時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る