大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

岡本太郎展始まる 大分県立美術館で1月24日まで

 県内初開催の「岡本太郎展」(大分合同新聞社共催)が26日、大分市寿町の県立美術館で始まった。来年1月24日まで。現代日本美術界の異端児として旋風を巻き起こした岡本の活動の軌跡が見渡せる絵画や立体、写真など約180点を展示している。
 同館で開会式があり、井上洋一同館特別顧問、中島英司県企画振興部長が「岡本の生涯にわたる活動が分かる展覧会になっている。人間の持つエネルギーを芸術として爆発させた岡本のパワーを体感して、元気をもらってほしい」などとあいさつ。来場者は代表作「森の掟(おきて)」、渋谷駅に設置された大壁画の原画「明日の神話」などを鑑賞した。
 観覧料は一般800円、大学・高校生500円、中学生以下無料。
※この記事は、12月26日大分合同新聞夕刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 3時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る