大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

平穏願う笑み 竹田市で姫だるま製作ピーク

 竹田市の伝統工芸品「姫だるま」の製作が、ごとう姫だるま工房(市内吉田)でピークを迎えた。家内安全、商売繁盛を願う新年の縁起物。年末までに約200体を仕上げる。
 愛らしい表情は約370年前の旧岡藩下級武士の妻「綾女(あやじょ)」がモデルとされる。顔の周囲は松竹梅、頭部に太陽を意味するひし形、背中には厄よけの宝珠を描く。大きさは20~50センチの5種類。
 市内に複数あった工房は、戦時中に姿を消して一度は途絶えた。1950年代に後藤恒人さん(故人)が復活させ、現在は恒人さんの長男の妻明子さん(82)と、明子さんの長男の妻久美子さん(62)が受け継いでいる。
 木型作りから絵付けまで16の工程があり、1体を仕上げるのに約1週間かかる。顔を描く明子さんは「令和になって初めて迎えるお正月。家内はもちろん、社会全体が平穏でありますように」と願いを込めた。
※この記事は、12月11日大分合同新聞朝刊14ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 1時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る