大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

自転車観光で5県連携 周遊ロード実現へ国東市でシンポジウム

 瀬戸内海に面した九州、四国、中国地方の5県がサイクリングを生かした観光について考える「サイクルツーリズムシンポジウム」が11月29日、国東市国東町小原のホテルベイグランド国東であった。各県の県職員らが5県を周遊するサイクリングロード実現に向けて話し合った。30日は市内を巡るサイクリングツアーが開かれた。
 大分、別府、日出、杵築、国東、豊後高田の5市1町でつくる日本風景街道「別府湾岸・国東半島海べの道」推進協議会(菊口邦弘会長=大分銀行専務取締役)の主催。市内外から約150人が来場した。
 国交省自転車活用推進本部事務局の大野昌仁次長が記念講演。「自転車を使った観光振興は空港やフェリー場で自転車を持ち込みやすくする環境づくりが重要」などと伝えた。
 パネルディスカッションでは大分、愛媛、広島、山口、福岡の5県の県職員や自転車販売店の経営者ら6人が議論。サイクリングロード構想の実現について、「各県にたくさんの見どころがある。ゆっくり時間を過ごしてもらいたい。いろんなプランを提供してはどうか」「連携してガイドを養成しては」「5県では距離が長いので、地域ごとに活用法を考えたらどうか」などといった意見が出た。
 サイクリングツアーには約20人が参加。町内のサイクリングターミナルをスタートし、海沿いの景色が楽しめるコースを回った。
※この記事は、12月1日大分合同新聞朝刊11ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 18時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る