大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

竹田の小沢「出し切れた」 ラグビー部員1人、来年度から休部

 部員1人で、来年度から休部が決まっている竹田の小沢雄仁(3年)が、全国高校ラグビー大会県予選1回戦に合同チームのPRとしてフル出場した。勝利には届かなかったが、「精いっぱい出し切れた」と胸を張った。
 序盤から小刻みに加点される苦しい展開だった。それでも献身的なプレーでチームを鼓舞し、試合後は、世話になった他校の指導者全員に礼を述べた。
 先輩に誘われ、高校からラグビーを始めた。1年の冬から1人になったが、合同練習で技術を磨いた。ワールドカップ(W杯)の大分会場ではボールパーソンも務め、「競技を通じて成長できた」と小沢。同校の阿部哲士監督も「1人でよく頑張った」とたたえた。
 「このままやめるのは悔しいし、ラグビーはやっぱり面白いから」と進学後も続けるつもり。「W杯の盛り上がりで競技人口が増え、できるだけ早く、部活が再開できれば」と母校の復活を願っていた。
※この記事は、10月23日大分合同新聞朝刊15ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 16時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る