大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

安岐中3年の穴見、ウインドサーフィン国際大会出場へ

 ウインドサーフィンのテクノ293世界選手権(26日~11月2日・スペイン)の17歳以下の部に、県勢の穴見賢太(安岐中3年)が出場する。初めての国際大会で、穴見は「緊張すると思うが、全力を尽くして優勝を狙いたい」と闘志を燃やしている。
 テクノ293はウインドサーフィンのクラスの一つで、国内では主に大学生、ジュニア世代で盛んに行われている。今回の17歳以下の部には日本から3人が出場予定で、穴見は派遣選考レースを制し、出場権を得た。
 穴見は父親でプロ資格を持つ和彦さん(63)の影響で、小学3年から同競技を本格的に始め、めきめきと腕を上げた。プロとして世界を転戦する兄の知典(22)の存在も大きい。昨年のPWA世界ツアーのフォイル21歳以下の年間王者で、日本の第一人者として活躍する兄は「すごすぎる存在」(穴見)だが、「競技について、いろいろなことを教えてくれる」と、一緒に練習を重ねることで自身の成長につなげている。
 父、兄に続いてプロを目指し、将来的には「五輪出場が目標」と話す穴見。世界デビューの一戦で上位進出を狙っている。和彦さんは「国内では勝っているが、世界での立ち位置が分かる大会になる。厳しい試合になると思うが、これを出発点にさらに成長してほしい」と期待を寄せていた。
※この記事は、10月23日大分合同新聞朝刊16ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 17時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る