大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

孵化過程 [磯崎新の謎]展・上

 大分市美術館では、大分市出身の建築家で建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞を今年受賞した磯崎新の思想家や芸術家としての側面に迫る「磯崎新の謎」展(大分合同新聞社共催)を開催している。担当学芸員が知の巨人・磯崎新を読み解くヒントを解説する。
 磯崎新は世界的な建築家ですが、謎を解く鍵は建築物だけを探しても見つかりません。
 60年にわたるキャリアの中で、建築以外にもキュレーションや芸術的コラボレーション、インスタレーションなどさまざまなジャンルを横断する取り組みを手掛けていることはあまり知られていません。
 その中で重要な作品の一つが「孵化(ふか)過程」です。観客が脈絡なく板にくぎを打ち込み、色の付いたワイヤでくぎ同士を結び付けていく作品です。刻々と姿を変えていくこの作品は「自ら増殖して変化していく」都市の誕生から成長していく過程=孵化過程そのものといえます。
 この作品は活動初期の1962年に発表されましたが、磯崎の考えの根幹を成すもので、その後もさまざまなプロジェクトを通じて改良、発展しています。謎を解く上で見逃せない作品といえます。(大分市美術館主任 山之上理加)
 ▽「磯崎新の謎」展は11月24日まで。料金は一般千円、高校・大学生700円、中学生以下無料。
※この記事は、10月23日大分合同新聞夕刊1ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 18時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る