大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

赤松2種目で準V 茨城国体重量挙げ

 茨城国体の重量挙げ成年男子89キロ級で赤松哲郎(釘宮整形外科リハビリクリニック)がスナッチ、ジャークでいずれも準優勝し、14点(競技点)を獲得してチーム大分に貢献した。トータル327キロで総合では1位。ただ競技点の対象外ということもあり、赤松は「最低限の仕事はできたが…。悔しい」と話した。
 スナッチの1回目は146キロ。一度は成功の判定が下ったが、審議により覆った。気を取り直して臨んだ2回目。同じ重量を今度はしっかり持ち上げ、トップに立つと、3回目は150キロを挙げて、さらにリードを広げた。しかし、最後に登場した福井の選手が151キロを成功させ、僅差の2位となった。
 続くジャークは「3本とも動きがよくなかった」(赤松)。1回目の177キロは得意のクリーンがうまくいかなかった。2回目に同重量を挙げて2位以内を確定。三重の選手と一騎打ちになった。相手が178キロに成功し、最終3回目は183キロで勝負した。だが逆転ならず、スナッチに続く2位となった。
 「両方とも1本目を失敗し、流れが変わってしまった」と武田雄大監督(宇佐高教)。階級区分の変更で、本来の94キロ級から下の階級に臨んだことも響いた。赤松は「減量が厳しく、敗因の一つ」と振り返りながら、「(96キロ級へ)階級を上げて、また頑張りたい」と巻き返しを誓った。
※この記事は、10月4日大分合同新聞朝刊15ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 17時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る