新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202045日()

運転士の制服姿でパチリ 日田バスセンター改修記念イベント

運転士の制服を着て記念撮影をする子どもたち=日田市元町の日田バスターミナル
運転士の制服を着て記念撮影をする子どもたち=日田市元町の日田バスターミナル
  • 無料となった日田市内循環バス「ひたはしり号」に乗る家族連れ

 日田市元町の日田バスセンターで9月28日、施設の大規模改修を記念したイベントがあった。バスの日(9月20日)の関連行事として市内のバスが無料となったこともあり、家族連れらでにぎわった。
 会場では、運転士の制服を試着できる記念撮影会やバルーンアートづくりなどがあった。無料となった市内循環バス「ひたはしり号」には園児が描いたバスの塗り絵が飾られ、乗客を和ませた。
 バスセンターは外国人観光客が安心して利用できるように英語、韓国語でも表示した乗り場案内板やデジタル掲示板を設置。掲示板では水郷日田の季節の風景を映し出す。1日から「日田バスターミナル」に名称変更した。
 同市三池町の主婦宮崎厚子さん(78)は「週に1度、買い物でバスを使う。きれいになって使いやすい」と話した。

※この記事は、10月4日 大分合同新聞 13ページに掲載されています。

最新記事
どーんと巨大ダコ 天ケ瀬温泉街、川べりに壁画
日田市大鶴・夜明地区、低速EV試験運用へ 被災地の新たな〝足〟に
日田市の新清掃センター候補地、8自治会から応募
日田川開き観光祭の開催可否、28日に正式決定
休館中でも貸し出します 日田市立淡窓図書館、申込書で
最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 6時31分集計

大分ニュース