13:30~15:00の間、緊急メンテナンスのため、つながりにくくなる場合があります。 詳細

大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

硬式野球の女子U―18日本代表入り、滝石さん「連覇に貢献したい」

 玖珠町塚脇出身の滝石かの子さん(18)=北九州市、折尾愛真高3年=が硬式野球の侍ジャパン女子代表(U―18マドンナジャパン)に初選出された。チームは第2回「BFA女子野球アジアカップ」(11月9~15日、中国)で連覇を目指す。滝石さんは「世界と戦う姿をお世話になった町の皆さんに見てもらいたい」と張り切っている。
 兄の影響で小2から地元の少年野球団でプレーを始めた。玖珠中では部活動で男子と一緒に練習。県内の女子選手が集まった「オール大分ガールズ」にも所属し、技術を磨いた。
 野球を続けるため、北九州市の高校へ進学。主将と主戦投手を務めた今夏の全国大会では、同校初の8強入りへと導いた。善明崇監督(28)によると、持ち味はコントロール重視の丁寧な投球術。小技を交えた器用な打撃も見せる。代表では状況に応じて遊撃を守ることもありそうだという。
 滝石さんらは9月30日に玖珠町役場を訪れ、宿利政和町長に「玖珠で育ち、このような報告ができてうれしい。声を出してチームを引っ張り、連覇に貢献したい」とあいさつ。宿利町長は「滝石さんの活躍は町民の誇り。みんなで一緒に応援します」と激励した。
※この記事は、10月4日大分合同新聞朝刊13ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 13時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る