大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

熊本で「OITA」をPR 「祭りアイランド」に大分3イベント

 九州、山口9県の祭りが集う「祭りアイランド九州」が28日、熊本市中心部で始まり、大分県からは杵築市の城下町杵築観月祭など3市町の名物イベントが登場した。ラグビーワールドカップ日本大会に合わせた取り組み。観戦に訪れた外国人観光客らに大分の魅力を伝えた。29日まで。
 会場には約40の祭りが集結。日田市の日田祇園祭は高さ約12メートル、重さ約4トンを誇る「平成山鉾(やまぼこ)」を巡行させた。熊本にちなんで肥後藩の加藤清正らの人形4体などを飾り付け。男衆や祇園囃子(ばやし)保存会のメンバーら200人が参加し、メイン会場の道路を「オイサー」の掛け声で引き回した。夜は戸畑祇園大山笠(北九州市)など五つの山、踊りと共演した。
 日田市豆田町出身で熊本市中央区、主婦松崎智子さん(65)は「思い出深い日田祇園祭を熊本で見ることができて感激。地震からの復興へみんなが勇気づけられます」と喜んだ。
 熊本城近くの会場では、玖珠町の日本童話祭でおなじみの「ジャンボこいのぼり」を展示。家族連れらが長さ約35メートル、胴回り約15メートルのアカゴイを楽しみながらくぐり抜けた。
 杵築市の観月祭はお茶会を開き、観光客が抹茶を味わった。
※この記事は、9月29日大分合同新聞朝刊16ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 7時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る