大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

「3種目全てでメダル」 日本代表の望月(日出中)が意欲

 飛び込みの第10回アジアエージグループ選手権(29日~10月2日・インド)に大分ダイビングクラブの望月来華(日出中3年)が日本代表として出場する。望月は「出場する3種目全てで、最低でもメダルを取りたい」と闘志を燃やしている。
 望月は代表選考会を兼ねた関西選手権(6月・大阪)女子14、15歳で、飛び板飛び込み1位、高飛び込み3位となり、日本代表入りを決めた。
 幼稚園時の競技体験がきっかけとなり、小学1年から本格的に始めた。この1年で急速に力をつけた。今夏は飛び板飛び込みが好調で、全国中学体育大会で3位、JOC全国ジュニアオリンピックカップ夏季大会(14、15歳)で頂点に立った。
 初の日本代表入りに望月は「うれしい半面、国内大会で負けられないというプレッシャーもある」と話す一方、「出るからには他の選手のいいところを吸収してきたい」と前を向いた。
 同クラブで指導する茶木康寛監督(翔青高教)は「大きな失敗がなく、安定した演技ができる」と評価。茶木監督は日本代表ヘッドコーチとして帯同する。代表5人を率いる立場として「出場する全種目でメダルを取らせてあげたい」と期待を口にした。
※この記事は、9月24日大分合同新聞朝刊19ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 14時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る