大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

農業系高校「楽しそう」 大分県内9校の魅力伝える親子体験教室

 農業系学科のある県内9高校への理解を深めてもらおうと、竹田市久住町の県立くじゅうアグリ創生塾は21日、小中学生を対象にした親子体験教室を開いた。各校の生徒が学習成果を生かした10種類の講座を実施。児童・生徒と保護者15組42人が参加し、農業の魅力に触れた。
 創生塾は久住高原農業高の敷地内にあり、県が本年度、開設。高い専門性と経営感覚を学ぶため、9校の生徒が学校の枠を超えて利用している。体験教室は小中学生に進路選択の参考にしてもらおうと、初めて開催した。
 会場では各校が工夫を凝らした講座を展開し、宇佐産業科学高はサツマイモの熟成による糖度の変化を説明。久住高原農業高はブロッコリーからDNAを抽出する実験を披露した。三重総合高はイチゴジャムの作り方を教えた。
 授業の内容や特徴を発表する場面もあり、大分東高3年の佐藤未来さん(17)は「学校生活を通じて命や食べ物の大切さ、自然との共生を学ぶことができる」と紹介した。
 母親と参加した大分市大在中1年の工藤絢心(あやみ)さん(12)は「農業系高校がどんな学校なのか知らなかった。授業が楽しそう」。
 創生塾では今後も定期的に親子体験教室を開く考え。久住高原農業高校長でもある小俣秀之所長は「少子化の影響で、各校とも生徒の確保が課題になっている。農業は人の命を育む大事な産業。多くの人に考えてもらいたい」と話した。
※この記事は、9月22日大分合同新聞朝刊15ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る