新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202045日()

出会いを提供、起業家後押し スタートアップセンターが新プロジェクト 

キックオフイベントでパネルディスカッションをする大分ゆかりのベンチャー企業の代表者ら=東京都千代田区のシェアオフィス「SENQ霞が関」
キックオフイベントでパネルディスカッションをする大分ゆかりのベンチャー企業の代表者ら=東京都千代田区のシェアオフィス「SENQ霞が関」

 【東京支社】県と、起業を支援する「おおいたスタートアップセンター」(大分市)は9日、県内の起業家に東京での活動拠点や、県ゆかりの投資家らビジネスパーソンとの出会いの場を提供する「大分カイコウプロジェクト」をスタートさせた。異分野の人的交流を通して、既存ビジネスの発展や新たなビジネスチャンスの創出を目指す。
 カイコウは「邂逅(かいこう)」(思いがけない出会い、巡り合い)にちなむ。主な内容は▽東京都千代田区内のシェアオフィス「SENQ霞が関」を利用した出会いの場「大分カイコウsalon」(計6回)の開催▽県内の起業家30人への同オフィス・コワーキングスペースの無償提供▽首都圏の投資家らを大分に招き、起業家らとの交流を図る「大分カイコウcamp」(計4回)―など。事業は9月から来年3月末まで。運営はITベンチャー企業「イジゲン」(同市)に委託する。総事業費約800万円。
 9日に同オフィスでキックオフイベントがあり、県内の起業家や都内の経営者ら約70人が参加。県商工観光労働部の高浜航部長が「大分から東京、世界とつながることができる時代。事業を通して起業に向けた雰囲気を醸成したい」とあいさつ。先端技術への挑戦や観光産業の強化など県の施策を説明した。
 県ゆかりのベンチャー企業代表者によるパネルディスカッションでは、ITサービス開発とドローン(小型無人機)事業を手掛けるORSO(オルソ・東京都)の坂本義親社長(大分市出身)ら3人が発言。「地元の課題にどれだけ耳を傾け、探せるかが大切。既存インフラが成熟している東京など都市部ではなく、地方だからこそできる実証実験なども多い。大分にはさまざまな可能性がある」と語り掛けた。
 会場に足を運んだ社会保険労務士事務所代表の小山貴子さん(49)=佐伯市出身=は「ビジネスだけでなく、ふるさととのつながりを持ちたいと参加した。今後も期待している」と話した。
 プロジェクトに関する問い合わせは県経営創造・金融課(☎097-506-3232)。

※この記事は、9月11日 大分合同新聞 5ページに掲載されています。

最新記事
IoT導入に役立てて 大分県産業創造機構が事例や支援を冊子に
国の制度資金利用者の利子補給 大分商議所が資金繰り支援
今こそ大分県産牛肉食べよう 「おおいた和牛」当たるキャンペーン
大分銀行が九州3地銀と協定 非常時に相互支援
お電話1本で届けます トキハインダストリーが新サービス
最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 5時11分集計

大分ニュース