新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202048日()

警察事故処理車と軽乗用車が衝突

 24日午後2時50分ごろ、臼杵市藤河内の国道217号の大坪交差点内で、緊急走行中だった臼杵津久見署の事故処理車と大分市内の無職男性(80代)の軽乗用車が衝突した。けが人はなかった。
 同署によると、事故処理車を運転していたのは交通課の男性巡査(28)。事故現場に向かうため、県道から赤信号の交差点に進入し右折していた。サイレンを鳴らし、赤色灯をつけて徐行していたという。
 軽乗用車は青信号の国道を直進していた。
 田中敬一郎副署長は「職員の指導、教養を徹底し、再発防止に努めたい」とのコメントを出した。

※この記事は、8月25日 大分合同新聞 21ページに掲載されています。

最新記事
大分市内の3病院が診療再開
大分市の20代男性銀行員が感染
大分県立美術館、1ヵ月ぶりに再会
春の全国交通安全運動始まる 大分県警「危機的状況」
豊後高田市、8日に小中学校再開 登校拒否も容認、欠席扱いにならず
最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 8時31分集計

大分ニュース