大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

障害者が働くパン工房完成 大分市の社会福祉法人、敷地内に

 大分市宮河内の社会福祉法人アップルミントは、障害者らが働くパン工房(就労継続支援B型)を敷地内に新築した。2001年に施設ができて以来、施設内の一室でパン作りをしてきたが、手狭になっていた。利用者は「きれいになって楽しい」と生き生きと作業している。

 新しい工房は平屋(約190平方メートル)。広々とした作業場や、地域住民に開放できる交流スペースがある。2日に竣工(しゅんこう)式をした。現在、障害者53人が平日に通い、パンやパンの袋作りに励んでいる。
 商品は人気のクリームパンやめんたいこ入りソフトフランス、メロンパンなど約50種類。市内の高校や企業、高齢者施設、保育園などに届けている。近年のパンブームが追い風になり、販路が拡大。作業のしやすい工房が必要になっていたという。
 交流スペースではほぼ毎日、午前9時半~午後3時に利用者がパンを即売する。阿部輝美理事長は「利用者が地域の人たちと触れ合う場になれば。施設の存在を知ってもらいたい」と話している。
 問い合わせはアップルミント(☎097-524-7007)。
※この記事は、8月25日大分合同新聞朝刊13ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 22時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
「台風19号災害義援金」
受付中 (大分合同福祉事業団)
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る