新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202048日()

「ムーミン展」入場者4万人突破 大分県立美術館

4万人目の来場者となった有冨道代さん(中央)と娘のすずさん(右)=23日、県立美術館
4万人目の来場者となった有冨道代さん(中央)と娘のすずさん(右)=23日、県立美術館

 大分市寿町の県立美術館で開かれている「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」(大分合同新聞社共催)の入場者が23日、4万人を超えた。会期は9月1日まで。
 4万人目になったのは、日田市中央の有冨道代さん(54)と娘のすずさん(13)=同市東部中2年。同館の井上洋一特別顧問が縫いぐるみと公式図録を贈った。道代さんは「4万人目になってびっくりしました」、すずさんは「原画を見るのが楽しみです」と話した。
 同展ではフィンランドにある世界で唯一のムーミン美術館が収蔵する小説や絵本の原画など約500点を展示している。観覧料は一般1400円、大学・高校生千円、小中学生700円。

※この記事は、8月24日 大分合同新聞 21ページに掲載されています。

最新記事
大分市内の3病院が診療再開
大分市の20代男性銀行員が感染
県立学校再開、歓迎と不安 揺れる保護者や教職員
剣道部員死亡事故、元顧問ら不起訴処分 両親は検審申し立てへ
大分県の新型コロナ対応方針
最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 8時41分集計

大分ニュース