大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

留学生の県内就職手助け 別府溝部学園短大と朝日キャリアバンクが協定

 別府溝部学園短大(別府市)と人材派遣業の朝日キャリアバンク(大分市)は21日、留学生の職業紹介に関する連携協力協定を結んだ。短大に県内企業への就職を希望する留学生が多いことから、同社が外国人を採用したい企業とのマッチングをする。同社は県内の大学や専門学校と同様の協定を結ぶことを計画しており、今回が初めての締結。
 調印式には溝部仁学長や姫野秀信社長らが出席。両者が協定書に署名し、握手を交わした。溝部学長は「留学生が県内で就職することは地方創生につながる。留学生の教育にさらにまい進したい」、姫野社長は「県内企業と有能な外国人のマッチングによって、地域に貢献したい」とあいさつした。
 協定内容は▽留学生への企業の紹介▽企業セミナーの開催▽就職後のフォローアップ―など。アルバイト先の紹介、ラグビーワールドカップ(W杯)大分会場での有償ボランティア派遣などもする。
 4月に施行された改正入管難民法で新たな在留資格「特定技能」が創設され、介護、宿泊、外食業などで外国人労働者の受け入れが拡大。県内企業の人手不足解消につなげたい同社と、留学生の希望に合った就職先を確保したい短大の考えが一致し、協定を結んだ。
 短大には現在5カ国83人の留学生が在籍。過去3年間の実績では国内就職者の約4割が県内で就職した。
 松浦倫国際交流課長は「県内での就職を希望する留学生は年々増えているが、外食や宿泊業への職種に就くのは限られた人材だけだった。留学生の人格やバックグラウンドを企業に理解してもらった上で、就職につなげたい」と期待した。
※この記事は、8月23日大分合同新聞朝刊12ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 14時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る