大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

アーチェリー東明男子5位タイ 全国高校総合体育大会

<アーチェリー>
 (熊本県営八代運動公園陸上競技場)
 ▽男子団体決勝トーナメント1回戦
大分東明6―0柏陵(福 岡)
(大分東明=宮成、森口、釘宮)
(柏陵=宮下、川内、奥土居)
 ▽同準々決勝
高志館(佐 賀)5―4大分東明
(高志館=大坪、江口、山崎)
(大分東明=宮成、森口、釘宮)

○互いに譲らない好勝負
 アーチェリー男子団体の東明は準々決勝で惜敗したものの5位タイとなり、目標の入賞を果たした。
 決勝トーナメント1回戦は柏陵(福岡)との九州勢対決に。予選5位通過の難敵だったが、集中力を切らさず、快勝で8強入りした。
 続く準々決勝の相手も同じ九州の高志館(佐賀)で、0―4と追い詰められた。だが唯一の3年生の森口弘規主将が「いつも通りやれば大丈夫」と声をかけ続け、驚異の粘りで4―4とし、シュートオフに持ち込んだ。互いに譲らない好勝負を続けたが、惜しくも4強進出はならなかった。
 森口主将は「流れは良かったが、最後は力みもあった。それでも納得できる戦いぶりだった」とうなずいた。宮成孝輔(2年)は「もう一つ上に行きたかった」と悔やみつつ、「技術も精神面もまだまだ伸ばせる。来年はチームを引っ張る存在になり、この舞台に戻ってくる」と誓った。
※この記事は、8月11日大分合同新聞朝刊20ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 13時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る