新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202042日()

柱サボテン、屋根突き抜け咲き誇る 竹田市の民家

温室の屋根を突き破って成長する柱サボテン=竹田市会々
温室の屋根を突き破って成長する柱サボテン=竹田市会々
  • 美しい花は9月中旬ごろまで200輪以上が咲く見込み

 竹田市会々の甲斐忠臣さん(79)方で、大きな柱サボテンに花が咲いた。温室の屋根を突き抜け、高さは7・3メートル。近くを通り掛かった人たちは、白い花を見上げ、楽しんでいる。
 花の直径は約20センチ。夜になると純白の花びらが開き、周囲に甘い香りが漂う。7月24日からぽつりぽつりと開き、31日朝にかけては今季最多の7輪が咲いた。9月中旬ごろまで200輪以上が咲くとみられる。
 甲斐さんによると、38年前に知人が捨てようとした鉢植えを譲り受け、自宅西側に併設したランの温室に植えた。当初の高さは約70センチ。どんどん成長し、いつの間にか地面に根付き、屋根を押し上げるようになった。温室を解体。周囲を鉄骨で支えて倒れないように補強した。
 立派なサボテンは地域で親しまれている。妻の宮子さん(77)は「年々大きくなり、どこまで成長するんだろうかと心配にもなる。美しい花を見ると本格的な夏の訪れを感じますね」と話した。

※この記事は、8月5日 大分合同新聞 朝刊 14ページに掲載されています。

最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 19時1分集計

大分ニュース