大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

大分市が「祝祭の広場」命名権を募集

 大分市はJR大分駅前の大分パルコ跡地(府内町)に整備を進めている「祝祭の広場」のネーミングライツ(命名権)パートナーを募集している。8月15日まで。
 契約期間は9月から2023年3月末まで。応募できるのは法人で、最低制限金額は税込み月額100万円(期間中で4300万円)。「○○○祝祭の広場」のように法人名や商品名などを付け、広場内3カ所に名称を記した看板を設置できる。
 8月18日に選考委員会を開き、交渉権者を決める。7月30日まで、応募を検討する企業からの質問を受け付けている。
 問い合わせは市まちなみ企画課(☎097-574-6628)。

 市が進めている「祝祭の広場」の建設工事は順調に進んでいる。6月末の進捗(しんちょく)率は62%(事業費ベース)。2基設置する大型屋根のうち1基(幅16メートル、長さ19メートル、高さ8メートル)は既に完成。もう1基やトイレは近く出来上がる。今後は舗装や芝生の植栽などを進める予定で、市まちなみ企画課は「予定通り8月末に完成できる」としている。
※この記事は、7月19日大分合同新聞朝刊10ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 19時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る