大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

長~い昼、ず~っと外遊び 夏至

 きょう22日は二十四節気の一つ「夏至」。1年で昼の時間が最も長い。県内の日の出から日の入りまでは14時間19分で、最も短い「冬至」(12月22日)との差は4時間22分。大分地方気象台によると、各地とも高気圧に覆われておおむね晴れ、次第に曇るところもある見込み。
 梅雨入り(平年6月5日)が大幅に遅れている県内は21日も晴れた。大分市府内町の大手公園では、近くのゆめのほし保育園の園児15人が元気に砂遊び。保育士の石丸千晶さん(46)は「いつも梅雨はあまり外に出られないけど、今年は散歩に行けて子どもたちはうれしそう」と見守った。
 同気象台によると、22日の最高気温は日田市が31度、大分市が28度、中津、佐伯両市が27度の予想。梅雨前線が北上しておらず、梅雨入りはまだ先になりそうという。
※この記事は、6月22日大分合同新聞朝刊21ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 17時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る