新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202048日()

臼杵せんべいの後藤製菓が創業100年

臼杵せんべい作りを楽しむ出席者=臼杵市深田
臼杵せんべい作りを楽しむ出席者=臼杵市深田

 臼杵せんべいを製造・販売する後藤製菓(後藤重明社長)の創業100周年記念式典が4月25日、臼杵市深田の同社本店であった。市関係者や取引先などから約90人が出席した。
 同社は1919年に菓子問屋として創業。臼杵せんべいを中心としたさまざまな商品を展開している。2011年に工場を市内諏訪から現在の深田に移転。18年には100周年を記念した新ブランド「IKUSU ATIO(イクスアティオ)」を立ち上げた。
 式で後藤社長が「令和の新時代も一つ一つの積み重ねで臼杵せんべいを伝えていきたい」とあいさつ。100年の歩みを振り返る動画放映や記念法要などがあった。
 5代目の後藤亮馬専務や従業員から手ほどきを受け、出席者が臼杵せんべいを手作りして楽しんだ。

※この記事は、5月6日 大分合同新聞 15ページに掲載されています。

最新記事
飲食代の半額を補助 臼杵市職員団体が応援企画
下南こども園、高台に完成 臼杵市初の公立子ども園
臼杵市が飲食店に電解水 新型コロナ対策で無料配布
教育長に安東氏、51議案を可決 臼杵市議会
「ほんまもん農産物」届けます 臼杵市の有機農家、朝市中止で宅配に
最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 8時51分集計

大分ニュース