新しい大分合同新聞、始まりました
Gate・紙面ビューアー体験キャンペーン
202048日()

老化を吹き飛ばそう! 「ゆふ大学」に226人入学

受講生を代表して謝辞を述べる溝口正義さん
受講生を代表して謝辞を述べる溝口正義さん

 由布市湯布院町の高齢者が生涯学習に取り組む「ゆふ大学」の入学式が4月25日、湯布院公民館であった。
 学長の加藤淳一市教育長が「活動を通じて老化を吹き飛ばし、さらに元気になってほしい」とあいさつ。相馬尊重市長らが祝辞を述べた。
 受講生を代表して委員長の溝口正義さん(81)=同町中川=が「式辞や祝辞を心に留め、真摯(しんし)に挑戦していきたい」と謝辞。全員で「湯布院町讃歌」を歌った。
 同大学は60歳以上が対象の公民館教室として始まり、本年度で57期目。226人が12月まで歴史や防災、人権、時事問題などについて学ぶ。)

※この記事は、5月6日 大分合同新聞 13ページに掲載されています。

最新記事
「SDGs」発信に力 ゆふいんラヂオ局、リーフレットで紹介
スマホに防災情報 由布市が新システム、屋外放送も新たに60基
ウオーキングバイシクル、湯布院観光に有効 社会実験「大半が田園エリア訪問」
パン工房×農産物販売×交流施設 由布市の「庄内厚生館」が開設
地域学習の成果をラジオで発表 由布市塚原小の6年生
最新の紙面はこちら

ニュースアクセスランキング 9時11分集計

大分ニュース