大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

いびき博士奮闘記 三女が竹田市に寄贈

故池松武之亮さんの生涯つづる

 竹田市名誉市民でいびき研究に尽力した故池松武之亮(たけのすけ)さん(享年78)の生涯をつづった本「いびき博士奮闘記」(A4判21ページ、非売品)を、千葉県野田市の池松武之亮いびき研究所が出版。所長で三女の亮子さん(67)が5日、竹田市を訪れて50冊寄贈した。市は図書館や小中学校18校に置く。
 池松さんは1912年熊本県津奈木町出身。父親が病院を開業した竹田市荻町で少年時代を過ごした。荻小から竹田中、大邱医学専門学校に進学。42年に千葉県野田市で耳鼻咽喉科を開院。いびきが原因で結婚初日に離婚を言い渡された女性の手術をきっかけに研究に没頭し、8千人以上を治療した。世界いびき学会名誉会長を務めた。
 本を持参した亮子さんは「父は荻町をふるさとと慕っていた。若い世代に研究に懸けた思いを知ってもらえたらうれしい。本の出版は親孝行です」と話した。
※この記事は、4月14日大分合同新聞朝刊16ページに掲載されています。
OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 18時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る