大分県内ニュース
地域密着!郷土のニュースとスポーツ

J1いざ 23日、アウェー鹿島戦 大分トリニータ

 サッカーJ1は22日に開幕する。6季ぶりに復帰した大分トリニータは23日午後3時から、茨城県立カシマサッカースタジアムで鹿島との開幕戦に臨む。
 国内最高峰リーグでの戦いに備え、1月初旬に始動した大分。約6週間の練習で戦術を浸透させ、新戦力との融合を図ってきた。仕上がりはまずまずで、MF小塚和季は「キャンプを通じてチームが目指す戦い方にもなじんできた」と手応えを示しながら、「初戦で波に乗れるかが大事」と気合を入れる。
 開幕目前に控えた今週は、チーム全体で声を掛け合って連係や鹿島対策を確認。片野坂知宏監督も厳しくげきを飛ばしていた。21日は非公開の紅白戦で最終調整し、強敵との勝負に備えた。先発候補は「ある程度決めている」(片野坂監督)ようだが、直前まで流動的だ。
 鹿島は新主将のDF内田篤人、MFレオ・シルバらタレントぞろい。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)連覇を目指し、19日に本大会出場を懸けたプレーオフで4点を挙げて快勝したばかりで勢いもある。
 選手たちは気合十分。主将のDF鈴木義宜は「自分たちのサッカーをどれだけ出せるかが大事。内容と結果にこだわっていきたい」と抱負。昨季まで2年連続で開幕戦ゴールを決めているFW藤本憲明は「チャンスは絶対に来る。勝てば一気に大分への注目も高まる」とプレッシャーはない。準備は整った。

きょう開幕戦 12月まで34節

 今季のJ1リーグは18チームで競う。C大阪―神戸の開幕戦(22日)を皮切りに、12月7日まで、ホームアンドアウェー方式の2回戦総当たりの全34節がある。下位2チームがJ2に自動降格、16位チームはJ2との入れ替え戦にあたるJ1参入プレーオフに回る。
 大分が2008年に制したカップ戦(YBCルヴァン杯)もある。3月6日に1次リーグが始まり、大分は同日、ホームでC大阪と対戦する。決勝は10月26日に埼玉スタジアムである。
※この記事は、2月22日大分合同新聞朝刊23ページに掲載されています。

ニュース

> 2019年2月22日(金)の大分県内ニュース一覧を見る

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 0時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る